敏感肌・アトピー肌などのトラブル肌を優しく守る保湿化粧品を販売しています

大豆

敏感肌:トラブル改善と女性ホルモンの関係。

大豆イソフラボンで潤う!

 

こんにちは!
本かりんの会の湯沢千春です

敏感肌のため、私は年中さまざまな肌トラブルに悩まされています

それにしても健康と肌の調子、肌と腸の関係は切っても切れない、というよりイコールかもしれないと思うのです。

 

今回は女性ホルモンについて調べてみました

 

敏感肌の原因

ほんとうに様々ですが、女性ホルモンのバランスの崩れ、ということも

ささいな事が原因で、またストレスや不規則な生活によっても、すぐにバランスが乱れてしまいます。

 

バランスが崩れると

肌のバリア機能の低下や皮脂の過剰分泌を引き起こします

それが原因で、肌荒れ、大人ニキビや吹き出物ができやすくなるのですね

ストレスの多い生活を続けていると、さらに炎症が治りにくくなります

悪循環にならないよう注意しなければいけません。

 

女性ホルモンの代表格エストロゲンは

肌の保湿のために働き、ハリとツヤを維持するコラーゲンも増やしてくれます

エストロゲンの分泌量は40代に入ればだれでも減ってきて、更年期には急激に減少します

同時に、肌をふっくらさせているコラーゲンも少なくなりますから、肌の保湿力が減ります

弾力もなくなって、しわやたるみが気になってくるんです。

 

そこで朗報!!注目の大豆イソフラボン

イソフラボンという言葉、美容女子はご存知ですね

その一つの成分が腸内細菌によってエクオールというものになります

エクオールは「植物性エストロゲン」とも呼ばれるほどエストロゲンと似た働きをして、美容や更年期障害対策に効果があるそうです

 

イソフラボン

閉経後の女性を対象とした臨床試験で、イソフラボンを飲むと、 メラニン量・シワの数・弾力・うるおいともに改善したそうです

イソフラボンが皮膚のヒアルロン酸やコラーゲンの生産を促進し、 肌のハリやツヤアップにつながることが分かりました

また、皮膚が紫外線にあたると表皮が硬くなってきて、シワなど皮膚の老化の原因になると言われていますが

それもイソフラボンを摂取すると、紫外線による「表皮の肥厚」が抑えられることが 確認されています。

 

大豆食品を摂れば体内でエクオールが出来る!

コラーゲンもヒアルロン酸も体の中で増える!

すばらしいですよね!

バンザイ!! \(^o^)/

大豆イソフラボン

って、そこまでは良かったのですが、なんてこった・・

大豆イソフラボンからエクオールを作り出す腸内細菌、

この乳酸菌をお腹に飼っている人は日本人で2人に1人だそうです。

そして20~30代の若い人ほど少ないのだそうです。

う~~む ・・・

腸内環境、あなどれません!

 

で、またちょっと調べてみました

免疫学の研究ではやはり、エクオール生産能力も食生活の影響を受けるようです

特に食物繊維は善玉菌を増やしてエクオール生産を高める結果です

さらに!嬉しいことに!骨量を高めてくれるという効果もありました

大豆食品、やっぱり女性の健康に、敏感肌改善に欠かせないですね。

 

ではどのくらい大豆食品を摂ったらよいのでしょう?

大豆食品

ちなみに目安とされるエクオール1日10mgを作り出すには

豆乳・・・200g(コップ1杯)

豆腐・・・2/3丁

納豆・・・1パック(50g)

 

またエクオールは短期間で体外に排出されるため、毎日摂らねば。

 

それなら大豆発酵食品でしょう!!!

だったらついでに大豆発酵食品を摂ればもっとお腹に良いのでは?

と考えたのですが、エクオールと大豆発酵食品の関連資料は見つかりませんでした

 

でも、腸内環境を整えるために大豆食品を、というのであれば、やはり・・

日本古来の伝統食品、麹や乳酸菌で作った大豆発酵食品でしょう!!

なんといっても豆乳ヨーグルト、一押しです!!豆乳臭さも無いですし

味噌、納豆、ヨーグルトといった大豆の発酵食品を摂り入れれば、お腹にもお肌にもとってもお得!と思うのです。 (´∀`*)ウフフ

 

よ~し、明日から味噌汁も飲もう!!

出来る限りね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です